アトピーの悪化を防ぐために

アトピーは、一度発症してしまうとなかなか完治が難しい厄介な病気として知られています。即効性のある薬物治療には副作用を伴うこともあり、個人の症状に合った治療法で根気よくつきあっていく必要があります。病院から処方された塗り薬や内服薬とともに、日常生活での配慮事項を守ることで、症状を軽くすることも期待できます。環境的な要因の影響を大きく受けることから、まず、身の回りの環境を清潔に保つことが大切です。また、肌のバリア機能が損なわれた皮膚は、簡単に外部から菌などの異物が侵入し、繁殖しやすい状態になっているため、汗や汚れはこまめに洗い流すなどして体の清潔を保つことも大切です

就寝時には体温が上がることもあり、アトピーの方にとって最も辛い時間となることがあります。肌とこすれて炎症が悪化しないような服装を選ぶとともに、シーツや枕カバーなどの寝具をこまめに取り替えることが必要です。布団やベッドはダニの温床とも言われており、皮膚から剥がれた角質やフケなどにダニが集まってくるため、皮膚の炎症が起きやすくなります。ダニが繁殖しやすい時季には、天日干しや掃除機などを活用して、ダニやダニの糞、死骸などを取り除くことも大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket