アトピーには保湿が重要

アトピー図
出典元 『【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】

皮膚のバリア機能の一部を担っている、皮脂膜が失われてしまう要因には、洗い流し過ぎによるものもあります。清潔に保ちたいためにゴシゴシと肌をこすりながら洗い流してしまうと異物などの侵入を防いでくれる皮脂膜が全て剥がれてしまい、無防備な状態となって皮膚トラブルが起きやすくなります。洗浄力の強いシャンプーで頭皮に必要な皮脂を洗い流してトラブルが生じるのと同様に、顔の皮膚も低刺激の洗浄成分を使って優しく洗うことが大切なのです。

アトピーに最もよくない影響を与えるのが乾燥です。肌のバリア機能が損なわれている状態であるため、クリームなどを使って保湿して肌を保護することが必要となります。病院ではステロイド系の外用薬などが処方されることがありますが、これは炎症を抑えることを目的としたものであるため、保湿作用は期待できません。アトピーの症状にもよりますが、外用薬を塗布した後に、その上から保湿クリームを重ね塗りすることで乾燥を防ぐことができます。保湿クリームにはさまざまな種類がありますが、なかでもワセリンは、肌の内部まで浸透しないため、安心して使用することができ、失われた肌のバリア機能を回復させるには向いていると言えるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket