アトピーの症状

慢性的に耐え難い痒みが続き、夜もなかなか眠ることができないアトピー性皮膚炎は、もともと結膜炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性の症状を起こしやすい体質の方に多いと言われています。体質遺伝とともに、ダニや食物などに含まれるアレルギーの原因物質であるアレルゲンの侵入に対して免疫グロブリン抗体が産生されることによって生じるとされているものです。もともとアレルギー性体質であることに加えて、肌のバリア機能の低下、人間の皮膚やフケ、ペットの毛やダニなどのハウスダストが環境的要因として大きな影響を与えることが明らかになっています。

皮膚のバリア機能が損なわれてしまった状態では、夏の発汗時や冬の乾燥時、炒ると皮膚との摩擦時などに、炎症を起こしやすくなります。一度でも皮膚表面に炎症が起きると細菌が増殖しやすい状態になり、悪化することもあります。アトピーは、小児期に発症して成人期に症状が軽くなることが多いものですが、なかには、成長するにしたがって症状が重症化することもあります。赤ちゃんや乳児と成人になってからでは、症状の現れる部位や症状に違いがあり、乾燥した湿疹のようなものからジュクジュクとしたもの、かさぶたを伴うものなど、さまざまなものがあり、掻きむしることでさらに悪化するので注意が必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket